漢方よもぎ蒸し(子宮デトックス)のご質問

ヨモギ蒸しはどのようなものですか?

昔から韓国はヨモビ蒸しを民間治療として生活の中に密着していました。私の祖母もヨモギ蒸しを愛用していました。雨が降ると孫にヨモギ餅やよもぎチヂミを作ってくれました。そして祖母が寝たきりになった時、母がヨモギを煎じて体を拭いていました。ヨモギはいつも私のそばにいったのです。今はそのありがたさを皆様に伝えたいです。

子宮デトックスとはなんですか?

デトックスは解毒といい、体内に蓄積された毒素を除去するという概念であります。子宮に関する症状や予防として、子宮にもデトックスが必要です。
化学調味料やインスタント食品による有害毒素が腸に吸収されたり、食べ物が不完全に消化されたりすると、毒素として子宮に影響を及ぼし、生理痛や不純物、生理過多または過小など現れると言われています。お腹を温め子宮を温めることで血流循環をよくして老廃物が出やすくなります。

ビヒエステ・自由が丘店のよもぎ蒸し椅子の特徴はなんですか?

当店のよもぎ蒸し椅子は、従来の穴の空いて子宮の下に鍋があるタイプではなく、同時に足浴(足蒸)もできる特別なものです。むくみ・冷え性を改善するには足首からしっかり温めるのが大事なポイントです。薬草(エッセンス)を煎じる鍋が子宮の下にありませんので、直接子宮に鍋の熱による刺激や負担がありません。更に子宮から出た老廃物が薬草と混ぜることもなく、とても衛生的な構造で毎日でもできる安全なタイプです。

よもぎ蒸しのガウンはなぜワンピースタイプなのですか?

当店のよもぎ蒸しガウンは首や頭までかぶせるものではなく、胸元まで着るワンピースタイプで、東洋医学をベースに作られたものです。昔から韓国では、心臓の下は温かく、心臓の上は涼しくすることで血流の巡りがよくなり、心臓や体への負担も少ないと言われていました。このガウンが、あらゆる体質や疾患に対応でき、年齢と関係なくよもぎ蒸しを楽しめる秘密です。よもぎ蒸しは目的によって店それぞれに特徴があります。

なぜヨモギ蒸しは女性にいいのですか?

サウナや岩盤浴と違い、ヨモギ蒸しは女性の大事な子宮を直接ケアすることができます。皮膚より吸収力が高い粘膜の子宮を直接温めることでヨモギや漢方成分が体に吸収されやすいと言われています。

妊活・不妊症にいいと聞きましたが。

不妊の原因には色々ありますが、排卵から着床に問題がある場合、ヨモギ蒸しが効果的だと言われています。子宮が冷たく異物が多いと着床が難しくなると考えられます。子宮を温め、血流の流れをよくすることで老廃物を体の外に排出、女性ホルモンの分泌が活発化し、子宮卵巣機能が緩和され、妊娠しやすい体に整えると言われております。ヨモギ蒸しは医療行為とは違い、その結果は個人差があり保証したものではありませんので、ご承知ください。

妊活・不妊症にいいと聞きましたが。

不妊の原因には色々ありますが、排卵から着床に問題がある場合、ヨモギ蒸しが効果的だと言われています。子宮が冷たく異物が多いと着床が難しくなると考えられます。子宮を温め、血流の流れをよくすることで老廃物を体の外に排出、女性ホルモンの分泌が活発化し、子宮卵巣機能が緩和され、妊娠しやすい体に整えると言われております。ヨモギ蒸しは医療行為とは違い、その結果は個人差があり保証したものではありませんので、ご承知ください。

婦人科系(筋腫や内膜症など)はどうですか?

ヨモギ蒸しは韓国600年前から産後愛用されてきた民間療法ですが、「必ず効くとか治る」とは言えません。しかし、子宮関連の病気をお持ちの方が多くその症状を緩和したという声が多いです。病院で手術をしないで薬で経過観察をしている方が多いと思います。その間に悪化するのを心配して、ヨモギ蒸しをする方もいらっしゃいます。

生理痛がひどいですけれども。

週1回に定期的に通うことをお勧めします。しかし忙しい方は生理1-3日前に1回、生理後1回で月2回もいいでしょう。生理前に血液循環をよくすることで生理痛を和らげ、生理の血をキレイにし、ヨモギ蒸しをすることで貧血の危険を回避し、体調が悪くなる恐れを予防すると言われています。

生理中でもヨモギ蒸しを受けられますか?

生理中は基本的に断っております。特に生理1-3日目など出血量の多いときは、よもぎ蒸しをしない方がいいです。しかし、生理中でも、何日目なのか、出血量により異なります。ほぼ終わりかけであれば、しっかり血を排出するのが良いです。よもぎ蒸し後におりものに混じって残りの血が出てくることがあります。生理中でも生理痛や冷えが気になる方は、足浴だけ低温度で行います。この場合は店に用意されたナプキンや紙パンツを使ってください。貧血の方は骨盤内血流が増え、生理量が多くなる恐れがありますので、完全に生理が終わってからお勧めします。

冷え性とむくみが気になりますが。

定期的にヨモギ蒸しをすることで子宮や脚を直接温めて新陳代謝が上がり、脚のむくみや手足・体の冷えが緩和します。

美肌効果はありますか。

ヨモギや漢方を直接肌に吸収させることで肌のくすみを取り、ハリとツヤが出るようになります。血流がよくなって老廃物の排出、リンパの流れがよくなることで美肌効果があると言われています。またヨモギの殺菌効果はにきびや吹き出ものにもいいですが、一時的に悪くなる場合があります。これを好転反応と言います。

好転反応とはなんですか?

もともと東洋医学で使われる用語で、一時的に起きる体の反応です。特に各疾患をお持ちの方、体調が優れていないときに出る場合があります。
これは身体に溜まっている毒素が排出されるための反応で、体は快方に向かいます。この様な反応が出たときは水分を多めに摂取していただき、ゆっくりと休息してください。ヨモギ蒸しを続ける事により毒素や老廃物が排出されやすくなると言われています。

のぼせやすく暑いのは苦手です。大丈夫ですか?

基本的に施術は一回30分になります。のぼせや体に負担にならないように体質に合わせて時間や温度を調整しますので、安心してください。施術中に温かい漢方茶を用意しておりますが、スタッフに声をかければ常温のものをお持ちします。気持ちが悪くなったり、暑くなったらスタッフにすぐ声をかけてください。

低血圧、高血圧や糖尿病、高齢者でも受けられますか?

事前に担当医者に確認してから、その旨をスタッフに必ず伝えてください。体に無理がないようにお茶をこまめに飲みながら低温で始めますが、体調によってコースが短くなる場合があります。特にこのような方は汗をたくさん出したくて暑くても我慢するのは禁物です。重症の糖尿病の方は断る場合もありますので、ご了承ください。

汗がなかなか出ないのですが、それでも続けたほうがいいですか?

ヨモギ蒸しはサウナや岩盤浴ではありません。汗をたくさん出すだけで効果があるものではないのです。お客様の体質によっては汗が出にくい方でも体の中は温かくなっています。無理して高い温度を設定するより施術回数を重ね新陳代謝をアップしながらその体の変化を実感しましょう。

ヨモギの香りはどうですか?

その香りには精神的にリラックス効果があり癒されます。

どのくらいのペースで通えばいいですか

個人差や目的にもよりますが、週1回程度に来店したほうが体質改善されやすいです。冷え性や生理不順の緩和を目的にする場合は週1~3回をお勧めします。忙しくて生理痛が気になる方は、生理の前後に月2回通うのもお勧めします。東洋医学をベースにしたヨモギや漢方をエッセンス(薬草)として使っていますので、1回でもその気持ちよさは体験できますので、是非試してみるのはいかがですか。

ヨモギ蒸しはどのような方に人気がありますか?

やはり若い方は妊活・温活、生理痛や婦人科病患を気にされる方がいらっしゃいます。中年の方は冷え性、更年期障害やリラックスしたい方がが多いです。

お化粧したままでも出来ますか?

はい。ですが顔への蒸気の吸収を高めるため化粧を落とすことをお勧めします。店にも化粧落としを用意しております。ヨモギ蒸し後はかなり顔や全身から汗が出て化粧がくずれる恐れがありますので、お帰りの際、メイク直しをされたい方は化粧道具をお持ちください。

何か持っていくものはありますか?

特にありません。タオルやお茶も全て用意しております。施術後に身体を冷やさないよう、寒い日はショールやスカーフをお持ちください。

終わったらシャワーを浴びた方がいいですか?

いいえ、汗を拭くためのタオルを用意しております。その汗はベタつかずサラサラするのが特徴です。またヨモギや漢方の成分が体に吸収されて、体の血液循環を活発にして体温を守る効果はあると言われています。シャワーをするとその効果を流すことになります。

ヨモギ蒸しを受けられない条件はありますか?

伝染病にかかった方の入店はお断りしております。(例:インフルエンザ、皮膚病)妊娠中、もしくはその可能性がある方は担当医者に許可を得てください。

ヨモギ蒸しの原産地はどこですか?

ビヒエステ・自由が丘で使われるヨモギ蒸しのエッセンス(薬草)は厳密に検査した韓国産で、2-3年熟成させたとても質がいいものです。漢方はワインのように古いほどその価値が高く効果も高いと言われています。

よもぎ蒸しの衛生管理はどうしていますか?

ヨモギ蒸しのエッセンス(薬草)は一回ごとの使い捨てです。ヨモギ蒸しが終わったら、パーツを外して掃除をし、必ず消毒してから15分ほど遠赤外線で乾燥させています。ヨモギ蒸しガウンも一度使ったら洗濯しております。

よもぎ蒸し椅子の衛生管理をもっと詳しく教えてください。

ヨモギ蒸しが終わったら、すぐパーツを外して掃除をします。消毒には緑茶カテキンを配合した「Pasteuriser(ドーバーパストリーゼ)77」を使用しています。これは【抗菌・防カビ・食品保存】に優れた、食品にも使えるとても安全な消毒剤です。更に他社製品ではない遠赤外線で15分ほど乾燥させます。そして月2回掃除専門業者により、ヨモギ蒸し椅子を分解して掃除や消毒を行います。 衛生面は厳しく管理しておりますので、ご安心ください。

その他のご質問