むくみ・冷え性専門 ビヒエステについて

冷え性や生理不順の専門店だと聞きましたが、何が違うのですか?

ビヒエステ・自由が丘店は美しいより健康なリラクゼーションを目指しています。健康な体が一番美しいという信念を元にまず体温を高め、万病の元の冷え性をよくすることに力を入れております。お客様の生活習慣もアドバイスしています。ビヒセラピストと一緒に健康な体を目指しましょう。

冷え性や生理不順ではありませんが、来店できますか?

もちろんです。女性は男性より筋肉が足りなくて代謝が悪くなりやすいと言われています。特に骨盤や内臓の冷えは生理痛、生理不順や更年期障害など婦人関係の病気と深く関わりがあると言われています。普段の生活から自分の体を大事にして冷え性や体調不良になる事を事前に予防しましょう。

冷え性かどうか自覚症状はありません。

自覚症状を感じられない、隠れ冷え性の方もいらっしゃいます。首や肩こり・腰の痛みや脚がむくみやすい場合は、冷え性によるものの可能性があります。

冷え性を診断できる検査はありますか?

ありません。「冷え症」ではなく「冷え性」と書くように、冷え性は病気ではないとの認識がまだあります。

冷え性だとどうなりますか?

体温が低いと免疫力が下がり、代謝や血流の流れが悪くなったりすることで万病の原因だと言われています。西洋医学ではその治療法というものはあまりありません。ですからビヒエステ・自由が丘は、東洋医学がその答えになると信じています。

「むくみ・冷え性」はもちろん、ホルモンバランスや自律神経の乱れが気になりますが。

そのようなお悩みのある方によもぎ蒸し+「お腹の施術」をオススメします。お腹には大事な内臓や子宮があります。内蔵や子宮ケアをすることで体質改善につながります。

ビヒエステ・自由が丘のお腹の施術はどのようなものですか?

最高な効果を導くため、まずお腹やリンパを遠赤外線の強いストーンで5-10分(施術時間に含まれてない)ほど温め、お客様がリラックスできるようにします。それからお腹をホットストーンでほぐしながらアロマオイルを使って行います。

「冷え性やむくみ」はお腹とどのような関係がありますか?

手足が冷えると脳は手足に送るべき血液まで内臓に送ってしまいます。すると手足は更に冷えてむくみやすくなってしまいます。内臓を温めることで、手足の血流がよくなり「冷えやむくみ」が改善されやすいです。

お腹が冷えると?

お腹が冷えるとお腹が固くなり動きが低下し、新陳代謝が落ちて痩せにくくなります。そして肌トラブル、便秘や腰痛などを起こし、下半身や子宮などの冷えになりがちです。腸は精神的なストレスの影響をとても受けやすいので、腸を温めることでリラックス・体質改善につながります。

お腹を温めると何がいいですか?

1) 冷え性の改善
2) 便秘・下痢、ポッコリお腹、胃のもたれ、下半身の血流がよくなってむくみ緩和
3) 腰痛や生理痛がやわらかくなる。
4) 血液やリンパの流れが良くなり老廃物を排出することで、脂肪が燃焼しやすいのでダイエット効果
5) 消化器吸収が正常に働くので、体に栄養がいきわたり脂肪をためこみにくい体質になる。
6) 幸せホルモン「セロトニン」の分泌:腸がセロトニン生成のほとんどを担っている。

簡単にお腹を温める方法は?

昔からされている方法がいいでしょう。腹巻、カイロを貼る、温かいものを飲んだり食べたり、お腹のマッサージをするとお腹はもちろん、体も温かくなります。

家で簡単にできる冷え性やむくみを改善する方法はありますか?

楽にできることはいろいろあると思いますが、下記の方法をオススメします。

1)腹巻や使い捨てカイロを貼るといいでしょう。腹巻はきついものより、伸縮性がある素材のゆったりしたサイズをオススメします。カイロは首のすぐ下、腰やお腹に貼るのがいいです。首を温めると首に太い血管が通っているので効率よく全身を温められます。下半身を温めたい場合は腰に、足が冷える時はお腹に貼ることをオススメします。

2)半身浴:38-40℃のぬるいお湯に下半身だけ20-30分つかることです。入浴時間が長ければ長いほど効果があるのではありません。体が温まるまでタオルを肩にかけるといいです。

3)運動して筋肉を鍛える
筋肉はリンパを刺激して流れをよくすることで、体の熱を作り出します。女性が冷え・むくみやすいのも男性より筋肉量が少ないからです。楽しく好きな運動を選ぶことで長く続けられます。唯、体重が多い方や膝が痛い方はヨガやストレッチなど静的な運動をオススメします。

楽に痩せたいですが

簡単に痩せる方法は様々ですが、ビヒエステ・自由が丘は下記をオススメします。

1)残念ながら、運動してもいっぱい食べてしまえば効果がでにくくなります。ですが偏食をしたり食べずにダイエットするのは危険です。やがて太りやすい体質になり、冷え性や生理不順、骨粗しょう症など体調不良になるかもしれません。バランスのいい食事や適切な運動がいいです。そして自分ができることを実現します。例えば、夕食は遅くても19時か20時前に食べて間食しない。ソフトドリンクよりお茶を飲むなど。

2)体を温めて代謝を上げます。特にお腹を温めると内臓機能や基礎代謝の機能低下を防げます。

3)上記にある「家で簡単にできる冷え性やむくみを改善する方法」を実践します。

短期間に痩せたいですが、

過度なダイエットは排卵障害や冷え性になる恐れがあります。特に短期間に急激なダイエットは栄養バランスが崩れて、脳下垂体の機能が低下します。脳下垂体は排卵をコントロールしますので、この機能の低下による排卵遅延を導き、生理遅延や止めになってしまいます。計画的に無理がないようにダイエットをすることを心かけましょう。

その他のご質問